*

エンターテイメント

ガッチガチの腕。

もともと高身長細身体型です。他の体の部分に肉がついても二の腕はホッソリしたままだろうとずっと思っていた。半袖ユニフォームシャツから覗く仕事の同僚(2人の子供を子育て中)の腕を見て、2人の子供を毎日抱っこして鍛え上げられた筋肉ついたたくましい腕だ...でも自分の腕はあそこまで太くなりたくない、と心の中で密かに思っていた。ある日撮影した写真の中の自分を見ると、腕が極太...!運動不足なので脂肪だらけの腕のはず!(一般的に'二の腕の感触はおっぱいの感触と同様'と世間の女子の間では言われています。)と思い触ってみると、めっちゃ硬い...。脂肪ならまだ落とせますが、そういえば仕事で重い荷物を持ち上げたり運んだりしていたせいか、筋肉でガチガチの腕になっていました。ショック。筋肉を少し落として、スリミングできないか計画中。 錦糸町 脱毛

コスプレはこう始める

コスプレをやってみたいと思っても、すぐにコスプレは完璧に出来るものではありません。 コスプレをするのであれば、当然コスプレをするための衣装や小道具、メイク用品、ウイッグこういったものが最低限必要になるのです。 ではこういった道具などが揃っているから、いざコスプレをしようと思っても、そうそうコスプレってそんなに簡単に始められるものでもありません。 ではコスプレを始めたいと考えた方は、どのようにすればコスプレチャレンジ・デビューできるのでしょうか。 コスプレを始めてみたい方がコスプレデビューをするのにうってつけな場所というのは、やはりイベントなどの会場ではないでしょうか。 こういった会場にはすでにコスプレに慣れた、いわゆるコスプレマニアと呼ばれる方々がたくさんいます。 そういった方のコスプレを見るだけでも参考になりますし、何よりも自分のやってみたいコスプレに近い仲間を見つけるきっかけにもなります。 またコスプレのイベントに行くとコスプレに必要なテクニックやマナーなども自然と身につきます。 このようにコスプレの初心者にとってコスプレの先輩とも言える方々が集まる場所というのは、今後のコスプレ人生を左右するとも言える貴重な情報収集源の場所でもあり、仲間を集める大事な場所なのです。 またコスプレに必要な道具類ですが、新品を購入する余裕があればそれに越したことはありませんが、もしも予算的に新品を購入するのが厳しい場合には、オークションや中古ショップを利用するなどというのも一つの方法かもしれません。 コスプレというのをやってみたいなと思ったら、準備をしなければたしかにコスプレは出来ませんが、これを用意しないといけないとかこれがないという決まりはありません。 自分のやりたいコスプレを自分の好きなようにアレンジして、好きなようにコスプレを楽しむのが一番コスプレを自分のものにできる一番の近道かもしれません。 横浜ランドマークプラザの美容室クオール